夢のマイホームを実現するためには何が必要?注文住宅で押さえたいポイントなどをご紹介!

こちらのサイトは、夢のマイホームを実現するためには何が必要になるのか分かりやすくご紹介しています。初めての家づくりでは何から始めるべきか分からない、色々な情報をネットから集めて整理することから始める人は多いと思われますが、情報をより多く集めてもその情報が正しいものであるのか否かの判断も重要です。注文住宅の家づくりはストレスを感じさせない生活動線を意識すること、理想の家や予算に合わせて施工会社を選ぶことも大切です。

夢のマイホームを実現するためには何が必要?注文住宅で押さえたいポイントなどをご紹介!

注文住宅で家を建てる、これは夢のマイホームを手に入れるとき最も自由度が高くて満足できる家づくりに繋がります。
注文住宅はいくつかの方法があるのが特徴で、ハウスメーカーなどの場合は事前に建築プランが決まっていてその中から好みのプランを選択する、必要に応じてオプションを追加する家づくりもありますし、工務店のように完全なオーダーメイドの注文住宅もあるなど家づくりを始める前に色々な情報を集めておくことをおすすめします。

注文住宅は30代前半に建てるのがおすすめ

注文住宅を建てるためには、資金計画が重要です。
現在では頭金なしでも建てることは可能ですが、それだと住宅ローンの返済金が増えてしまいます。
ゆとりをもって住宅ローンを返済していくためにも、頭金は用意しておくのがおすすめです。
20代前半で就職しそのまま働き続けていると、10年後にはある程度の貯蓄ができるでしょう。
注文住宅の頭金にできるほどの貯蓄ができたら、購入を本格的に検討するのがおすすめです。
30代前半に頭金ありで注文住宅を建てたら、住宅ローンの借入額を抑えられるだけではなく返済も早く終わります。
一般的に住宅ローンは35年ですが、完済する頃には65歳から70歳になる計算です。
70代になっても返済が残っていると、老後の生活資金に苦労します。
資金的にゆとりのある老後を実現するためにも、頭金を貯めて早めに注文住宅を買うのがベストなわけです。
そのため30代前半は、家を買うのに最適なタイミングとされています。

ライフスタイルで変わる注文住宅の最適な面積

注文住宅はそれぞれの部屋の面積や間取り、配置等を自由に設計できます。
その自由度の高さがもっとも大きな特徴ですので、それを活かさない手はありません。
これから注文住宅を建てる時には、それぞれが暮らしやすい家になるように部屋の配置や広さを考える必要があります。
例えば普段の生活で長く過ごすスペースは少し広めにとり、落ち着いた空間にすることが求められますし、反対に使用頻度が低くてそれほど多くのスペースを必要としない部分は小さな部屋でも問題はありません。
ライフスタイルに合わせて内容を決めることがとても重要であり、暮らし方に合わせた部屋にすると居心地が良くなるはずです。
場合によっては広々とした空間よりもコンパクトなスペースの方が作業をしやすいということもあったり、総面積はそれほど広くなくても影響はないというご家庭もあります。
そのような個々の家庭の状況を考慮しつつ、どのような形にすると生活の質が向上するのかを考えることが大切です。

使いにくい注文住宅の屋根裏収納やロフト

注文住宅は自分の思い通りに間取りや部屋数を決められるというメリットがあります。
屋根裏やロフトに憧れ、注文住宅をつくる際に取り入れてしまった、という方は少なくありません。
ところが、屋根裏やロフトは意識して取り入れなければ、単なる物置に終わることがおおい傾向にあります。
加えて、お家の熱や湿気がこもりやすいというデメリットもあるため、居住するスペースとして不向きです。
こうした部位を有効活用するには、注文住宅をつくる際にあらかじめ何をするスペースであるかを、はっきり決めておくことが大切となります。
隠れ家のような空間がほしいのであれば、あらかじめ趣味や仕事のスペース限定という使い方に特化して使うことが大切です。
また、アウトドアなどが趣味という家庭は得てして荷物が多くなりがちですから、収納スペースとして使用することを目的とする方法もあります。
注文住宅を建てる際には計画性が大切ですが、特にこうしたスペースに関しては利用目的をはっきりとさせましょう。

注文住宅のキッチンはデザインよりも実用性を重視

注文住宅を自由設計で建てる時、世界に一つしかない個性的なデザインの家を建てたいと考える人もいるでしょう。
しかし家というものは家族で生活して暮らすための場所なので、暮らしにくい家は後悔が起こりやすいものです。
特にキッチンは、注文住宅を建てるうえで最も考えるべき場所の一つです。
普通に生活していても、食事は毎日しますし、料理もほとんど毎日するでしょう。
そのため、キッチンに何か不都合や失敗があると、毎日のようにストレスを感じてしまうのです。
たとえばコンセントの問題です。
コンセントは生活感が出るため、なるべく少なくして足元に隠したいという考えもあります。
数が少ないと一気にいろんな調理をすることができずストレスになります。
あるいは炊飯器をセットしたいのに炊飯器のコードの長さが足りなくて、毎回床に置くことになるのは嫌ですよね。
また、泡だて器など電気を使う機器は、すべて充電式のコードレスにするしかないので、買い物の幅も狭まってしまいます。

個性的な注文住宅を作りたいなら設計事務所

注文住宅は、設計や建築する会社で形は大きく変わります。設計事務所で建てられる注文住宅は、大手のハウスメーカーや工務店より個性的とされています。なぜなら大手のハウスメーカーは共通規格に基づき設計するので、個性的ではありません。建築費を安くできる代わりに同じような建物ばかりにあるので、注文住宅に個性を求める人には合わないでしょう。設計事務所は、設計士の考え方がデザインに反映されています。反映されるデザインというのは、外観だけではありません。住宅のコンセプトもハウスメーカーや工務店にはないものであり、建物全体の雰囲気からしてまったく違います。また設計士は自分たちのコンセプトを重視しながらも、施主の要望を細かく聞いて実現しています。つまり自分たちのコンセプトを基本にしながら施主の希望に応じてアレンジができるので、世界に一つだけのオリジナルの注文住宅が完成するわけです。ですから住まいに個性を求める人には、おすすめの会社です。

注文住宅に安心感を求めるならハウスメーカー

注文住宅は設計の自由度が高いことが魅力ですが、その分だけ施主さんには何かと負担が重くなりがち。そのため実際にはこの道のプロへ相談し、協力関係を築きながら、理想の注文住宅を実現するケースが通常です。したがって最初の業者選びは、とても重要と言えるでしょう。とはいえ、一口に業者といっても多種多様であり、家づくりの知識や経験が浅い素人の施主さんにとっては、色々と迷うはず。それならば知名度の高いハウスメーカーへ、とりあえず相談するのもアリでしょう。特に大手のメーカーであれば、自社生産で住宅を大量に供給してきた実績やノウハウが豊富なので、品質も安定しており、保証内容も充実しているケースが多く、安心感を求める方には最適と言えます。また全国的に営業網や下請けの施工会社を展開しているため、どの地域で家を建てるにしても工期が短く、万が一の際にもスピーディーな対応が期待できます。さらに大手のハウスメーカーでは大規模な住宅展示場を通年で運営しているケースも目立ち、家づくりのイメージがしやすい点も、忘れてはならないメリットです。

じっくりと家づくりをする工務店の注文住宅

注文住宅はどこに依頼するかによっても内容や選べるプランが違ってきます。地域に根差した営業活動を行う工務店の場合、その地域の風土や環境に見合った内容にしてくれますし、個々の希望にそった内容にするために何度も打合せを行います。そのため、建て主の満足度が非常に高くなりますし、期待していたものとは違っていたという心配もあまりありません。希望の条件が複数あるような注文住宅では、取り入れて欲しい内容が反映されていなければ選んだ意味がなくなります。満足のいく内容にするためには打合せが必要ですし、業者側の姿勢も大きくかかわってくる部分です。家を建てたい地域で長く営業している工務店は、どのような家がその地域に合っているのかも熟知していますので、相談すれば提案もしてくれます。後悔のない家づくりをするためには、時間をかけてじっくりと進めることが重要であり、迷いがあるうちは見切り発車をせずに細部まで決めてから動き始めるのがお勧めです。

注文住宅のパートナーに選びたいのは遠慮せずに話せる施工会社

注文住宅のパートナー選びでは、さまざまなポイントがあります。少しでも費用を抑えたいならローコスト住宅を建てられるハウスメーカー、デザインのセンスが一致した工務店など重視するポイントは人それぞれです。しかし注文住宅の目的はバラバラでも、選び方に共通する点はコミュニケーションです。コミュニケーションがとれないハウスメーカーや工務店には、考えていることを気軽に話せません。希望を口にしたらすぐに否定されたり、自分たちの考えや都合を押し付けてくる相手とは、腹を割って話せないでしょう。考え方や希望を打ち明けそれを実現できない注文住宅は、満足のできる住まいではなくなり後悔ばかり残ります。相手に遠慮せず話ができるハウスメーカーや工務店なら、小さなことでも気軽に相談できます。希望を口にしたときもすぐに否定するのではなく、実現できる方法を真剣に考えてくれたりより魅力的な提案をしてくれるパートナーなら、納得できる注文住宅が完成します。

家具や家電の配置も考えながら注文住宅は設計しよう

注文住宅は、実際の暮らしをイメージしながら設計しなければいけません。暮らしのイメージがあいまいなまま設計して建てると、暮らし始めてから後悔することになります。家具や家電の配置場所も、注文住宅の設計時にイメージしておきたいポイントです。家具をどこに置くかによって収納スペースの作り方も変わってきますし、希望する場所に置けるように設計する必要もあるでしょう。まったく考えていないと、ここにタンスを置きたいのに置いたら部屋のドアが開けにくいなどの不満が出てくるので、最初から考えておくことは大切です。家電はコンセントの数や場所にも関係してくるため、家具よりもイメージしておかなければいけません。まずはその場所に配置する家電をまとめて、余裕を持ってコンセントの数を決めておくと良いでしょう。家具や家電のことまで考えられた注文住宅は、使い勝手が良いです。使い勝手が悪いと日々の生活でストレスを感じるので、注文住宅の設計時からしっかりと考えましょう。

プライバシーを確保した注文住宅なら他人の目線が気にならず安心

住宅街に注文住宅を建築する場合、両隣の住宅と正面の住宅との距離感と窓の位置を事前に調査することが必須です。
プライバシーを確保するには最も大きな窓ガラスになるリビングの位置決めは最初に行うべき問題になり、隣接する住宅の大きな窓ガラスとは対面しないような設計が望ましいと言えます。
次に注文住宅を建てるには、自由な窓ガラスを効果的に設置することができるので、例えば2階へ上がる階段に採光用の窓ガラスを完備する際には、曇りガラスでスリットタイプを並べる方法でもプライバシーの確保を行えます。
他にも窓ガラスの内側に貼り付けるハーフミラーのフィルムを貼る方法もあり、住宅の外側から室内が見えてしまうことを防げる効果を発揮します。
住宅内だけではなくエクステリアも含める場合、目隠しフェンスを設置する方法があり、木製ではなくアルミ製やステンレス製で住宅の外観のカラーとの相性の良い色を選ぶ方法で上手く長持ちする目隠しを行えるのではないでしょうか。

注文住宅のセキュリティを高めるためにできる工夫

注文住宅を建てる場合に大切なことは、近年特に世間で言われてる「地球温暖化」や石油エネルギーの減少に備えて「家作り」が盛んとなり、太陽光パネルの設置や断熱効果のある家を建てる事が大切がられています。
もちろんこれらのことも家作りには大切な事ではありますが、それよりも重要視されないといけないことが「防犯対策」なのです。
この問題は今に始まった事でなく家作り特に注文住宅を建てる場合に、最も優先されるべき問題であるかと思います。
自分の大切な財産である家を空き巣などの侵入から護るセキュリティを考える事が、最も優先されるべき問題といえましょう。
では注文住宅のセキュリティを高める家作りのポイントは、どこに置くかを考えてみましょう。
空き巣の侵入経路として一番多い場所といえば「窓」です、この窓から侵入を防ぐことが最大の防御ポイントです。
もちろん鍵のかけ忘れで玄関からの侵入されるケースもありますが、一番多いのが窓なので注文住宅を建てる場合は、窓の防犯を重点的に行ってい置くことが最も大切と言えるのです。
2重ガラスにしたり(断熱効果も期待できます)、または侵入できにくくするために、窓の外側にシャッターを取り付ける事です。
空き巣の侵入しにくい住宅を建てることが、防犯に最も大切な点と言えるでしょう。

断熱性能が高い注文住宅は快適で経済的

注文住宅の性能は、ランニングコストにも影響します。
たとえば断熱性能が低い注文住宅の室内は、外気の影響を強く受けます。
夏ならクーラーで室内の気温を下げても外気の影響ですぐに上昇し、反対に冬なら暖房で温めても外の冷気の影響で冷めてしまうので、冷暖房の効率は最も悪いです。
室内の気温を一定に保つため冷暖房をフル運転する必要があるため、電気代が上昇してしまいます。
断熱性能の高い注文住宅なら、外気の影響は受けにくいです。
クーラーで冷やした空気が暖まりにくく、暖房で暖めた空気も冷えにくいです。
そのため冷暖房の運転を最小限に抑えることができるため、電気代も節約できます。
光熱費は、家計の中で大きなウエイトを占める項目です。
住宅の性能で光熱費を節約できれば毎月の生活費を削減することができて、家計にゆとりを持たせることもできるでしょう。
注文住宅の建築後は住宅ローンの返済など負担が増えるので、ランニングコストには注目して設計しましょう。

注文住宅の災害リスクを抑える耐震性能

日本は、大きな災害が頻発している国です。
大地震や巨大台風が頻繁に発生し、そのたびに家屋には大きな被害が発生します。
ひとたび巨大災害の被害を受けてしまうと、家屋は損壊し最悪の場合は倒壊する可能性があります。
家屋が被害を受ければ多額の修繕費が必要になり、財産や生命を失う危機にも直面するでしょう。
家族で安心できる家に住むためにも、注文住宅を建てるときには災害の被害を抑えることを考えなければいけません。
災害から注文住宅を守るために、高めておきたいのは耐震性能です。
耐震性能が高い注文住宅は、巨大地震が発生しても被害を抑えることが可能です。
震度7クラスの地震が発生しても倒壊する可能性は低く、一部損壊程度までにとどめられます。
もう少し規模の小さな震度5クラスなら無傷なので、これなら財産や生命に与える危険性はゼロに近いです。
地震だけではなく風に対しても強い注文住宅なら、巨大台風が直撃したときにも安心です。

注文住宅の立地は環境の変化も考えよう

注文住宅を建てる際には、立地環境の変化を考慮することが欠かせません。
理想的な土地だと考えて購入を行っても、周辺環境が変化していくと、生活に支障が生じることは十分有り得ます。
閑静な住宅街だと意識して家屋を建てたのに、歳月が経過していくと、賑やかな商業地域に変わってしまうことは珍しくないものです。
注文住宅を建てる際には、長期的視野に立った上での建築計画が求められます。
ハウスメーカーが掲げるサイトには、地域が計画する建築計画を掲載するものも多く見られます。
交通網の拡充が計画されていたり、商業施設の増設を予定していたりといった感じで、将来に亘ってどのような形で地域が発展していくかが記載されているのです。
ハウスメーカーの中には、地域の建築計画を早期に入手出来るところも存在しています。
情報サイトに掲載されている内容とは違った、的確な情報を入手することが出来るのです。
土地選びから携わり、自分流の家屋を建てられるのが、注文住宅が持つ魅力となります。
長きに亘って豊かな暮らしを営めるように、地域が抱える情報についても、建築前に把握しておいた方が良いでしょう。

注文住宅で洗面コーナーはどこの位置がいい?

注文住宅で家を建てるのであれば自分たちが住みやすい家にしたいものですが、そのためには部屋の間取りはもちろんですが、お風呂やトイレや洗面コーナーなどの位置も非常に重要となってきます。以前までは、顔や手を洗う洗面台は脱衣室もしくはトイレの前というのが普通でしたが、最近は玄関入ってすぐに手洗い場を設置しているご家庭が多くなってきました。外から帰ってきてすぐに手を洗うことが出来ますので汚れた手や黴菌がついている状態で、家のドアノブなどを触らずに済みますので家族も清潔に過ごせるからです。既存の洗面台を置くこともできますが、注文住宅ですので創作でもおしゃれです。脱衣所に洗面コーナーを設けると、お客さんが手を洗う時に脱衣室においてある下着類などまで見られる心配がありますのでお客さんが多いご家庭はあまりお勧めしません。もし、予算とスペースが許すのであれば家族用と自宅用の2か所設置するのもいいかもしれません。

注文住宅でスキップフロアーが人気の理由とは

注文住宅は自分たちの好きな間取りやインテリアで作ることが出来ますし、予算に合った家の大きさにすることが出来ますのでまさに夢のマイホームです。注文住宅の流行は時代とともに変化していてここ数年はスキップフロアーがかなり人気を集めています。2階建ては完全に孤立してしまいますが、スキップフロアーですと中2階ですのでプライバシーを保ちつつも家族とのつながりを感じることが出来ますので非常におすすめです。階段の下は子供の遊び場や秘密基地として使用することが出来ますし、避難グッズやシーズンオフのものを収納することが出来ますので使い方は無限です。また、リビングでエアコンや暖房機器を使用していると2階には温かいあるいは冷たい空気は伝わりませんが、中2階ですと伝わりますので光熱費の節約にもつながります。注文住宅で満足のゆく家にするためにはたくさんの情報を集めることと、信頼できる建設会社に依頼することが重要といえます。

注文住宅に室内干しコーナーを設置するメリットについて

自由設計の注文住宅で家事を楽にする間取りにしたい、こんな施主さんも少なくありません。例えば室内干しコーナーもその1つです。この間取りがあることによって、雨の日や花粉の季節でも洗濯物を干すことができます。特に共働きで家事の時間が制限される家庭や、育ち盛りの子どもがいて洗う衣類の多い家庭では、天候に左右されずに洗濯物を干せる利便性は、まさに大きなメリットと言えるでしょう。もちろん室内は外気よりも温度が高い傾向があるので、洗濯物が乾きやすい環境ですし、花粉や黄砂などの付着を防ぐことも可能です。さらに意外なメリットは、湿度の調整が可能になることです。洗濯物を干すことで室内の湿度が上がりますが、これは夏の暑い時期や冬の乾燥した時期に、室内の湿度を調節する効果が期待できます。注文住宅でこのような室内干しコーナーを設置する際には、窓からの日当たりや風通しを計算することが大事なポイント。同時に、竿やハンガーなどの収納スペースも必要になる上、洗濯機やカゴなどの配置も考えて、設置場所を決めなければなりません。

注文住宅のキッチンに食器洗い乾燥機を設置するメリットとデメリット

注文住宅でキッチンにこだわる施主さんには、食器洗い乾燥機を設置するケースも決して少なくありません。もちろんそれなりにメリットがあるのも事実です。例えば家事の負担を軽減できることは、まさに大きなメリットでしょう。食器を軽く洗って食器洗い乾燥機にセットするだけで、洗浄から乾燥まで一気に済むので、肉体的かつ精神的な負担はもちろん、家事の時間を別の事柄に有効活用することが可能になります。そして水道代や光熱費を節約できることも、注文住宅のキッチンにこの設備を取り付けるメリットとして見逃せません。手洗いよりも水道代や光熱費を節約できる高機能な製品が数多くあり、普段から水道代や光熱費が気になる家庭には最適です。他方で、設置費用やランニングコストがかかる点は、デメリットと言えます。本体価格に加えて、水道配管工事や電気配線工事などの費用がかかりますし、電気代をはじめ定期メンテナンス等のランニングコストも忘れてはなりません。

注文住宅のキッチンに多機能水栓を設置するメリット

自由設計の注文住宅では、キッチンにこだわるケースも珍しくありません。例えばデザインはもちろん機能性を追求して、多機能水栓を設置するケースなどが典型的。このような水栓には浄水機能やシャワー機能をはじめ、お湯と水のワンタッチ切り替え機能など、さまざまな機能が搭載されている製品が目立ちます。これらの機能を使うことで、より便利で快適な調理や洗い物が期待できるでしょう。具体的には浄水機能付きのタイプでは、安心して飲用や料理に使うことができますし、シャワー機能付きのタイプであれば、シンク周りを広く使いながら効率よくすすぎ洗いもできて、大きな鍋やフライパンの洗い物も楽に作業が進むはずです。さらに注目したいのが節水効果。多機能水栓には、水の出しっぱなしを防ぐ機能や、節水機能が搭載されているタイプも多くあります。例えばセンサーで手をかざすだけで水が出せるタッチレス水栓なら、水の出しっぱなしを防ぐことが可能です。また、流量を調整できるタイプならば、必要な量だけ水を使うことができます。注文住宅で水道光熱費が心配なら、このタイプの設置を検討してみてもよいでしょう。

注文住宅に関する情報サイト
注文住宅で押さえたいポイント

こちらのサイトは、夢のマイホームを実現するためには何が必要になるのか分かりやすくご紹介しています。初めての家づくりでは何から始めるべきか分からない、色々な情報をネットから集めて整理することから始める人は多いと思われますが、情報をより多く集めてもその情報が正しいものであるのか否かの判断も重要です。注文住宅の家づくりはストレスを感じさせない生活動線を意識すること、理想の家や予算に合わせて施工会社を選ぶことも大切です。

Search